top of page

第3回crAsM.Mビジュアルノベルオンリー開催に当たり

更新日:2022年11月20日


初めましての方もそうでない方もこんにちは、crAsmの倉下です。

今回は標記のイベントに関して運営裏話のようなものを綴ってみました。イベントについてこの記事で初めて知った方もそうでない方も、ご興味ございましたらご覧いただければ幸いです。

それにしても、今回で3回目となる本イベントですが、ようやくこのような記事を書く余裕がでてきましたね…。


「crAsM.Mビジュアルノベルオンリー」とは?

ビジュアルノベルのファンが集まるオンライン即売会イベントです。自分の作品をアピールしたり、応援しているサークルにメッセージを送ったり、様々な形でお楽しみいただけます。

イベントの様子や楽しみ方は下記の記事をご覧ください。

尚、本イベントはcrAsmとM.Mの部屋様との共同開催ということで「crAsM.M」と称しています。微妙に「m」が融合しているのは、たまたま打ち合わせ中にメモ帳にそう書いてみたものがそのまま使われている感じです。。



それでは、ここから運営裏話に移らせていただきます。



運営コンセプト

コンセプトといいますか理念といいますか、「こういうことを考えて企画を設計しています」というお話です。


出会いや交流の場として〜

最も重要視しているのは「出会い」や「交流」といった側面です。これはM.Mさんとも検討の上そうしているのですが、ここでは倉下視点で語りますと…

個人的には「互いが互いの道を歩きつつ、たまに交わる」くらいの人間関係が結構好きだったりします。各々の道を歩いているからこそひさしぶりに会った際に話も尽きない、といいますか。基本は我が道を行きたいけど全く人と接点が無いのは物足りない、とも言えるかもしれません。そのような背景もあり、普段静かに制作されている方にこそこのイベントの機会をご活用いただければと考えていたりします。

もちろん「皆で集まってワイワイ」が好きな方も歓迎です!(M.Mさんは割とそちら寄りという認識です(勝手に想像))


誤解のないように申しますと、必ずしも「制作者同士で他サークルの作品をプレイし合ってほしい」という意味ではありません(もちろんそのような交流も良いものですが)。制作者の方が作品を展示したり、プレイヤーからの感想・応援メッセージを受け取っていただけるだけでも主催の想定する「交流」だと考えています。ただ、やはり「売上さえ立てばいい」といったような方ばかりで殺伐?とした雰囲気が漂うのはあまり期待するところではないので「当日15分以上在席 or 書き込みボードを設置」をお願いしています。書き込みボード(メッセージを受け付ける機能)を設置していれば当日不在でも大丈夫ですし、書き込みへの返信は必須ではありません。


ところで、今回よりビジュアルノベル制作者だけでなく素材提供者様・レビュワー/実況者の皆様もサークル参加可能としました。これは単純に一制作者として素材屋さんを知りたいと思っていたのと、主催は2人ともレビュワーではないか、ということでですね。上手く軌道に乗るとよいのですが…。



作品をアピールする場として〜

自分の作品を手に取ってもらいたい!という制作者様は少なくないと思います。作品のアピールの場として、毎回100人以上の方々(サークル+一般)が参加する本イベントをぜひご活用いただければ幸いです。多少こじんまりして見えるかもしれませんが、だからこそ参加者が「全サークル周ろう」と思えたり、ビジュアルノベルにフォーカスを絞っているので作品に興味を持ってもらえる可能性も高い…と思います。ちなみに第一回で自分も出店したところ、今まで2~3DLしかされていなかったサウンドトラック(無料)が30くらいDLされて驚いたものです。


ところで、1つ主催のこだわりなのですが…サークル参加される方は、サークルカットとおしながきのご用意を必須としています。基本的に「作品を手に取ってもらいたい」という思いでサークル参加をされると想定しておりますが、であれば一般参加者に対して最低限のアピールはしてほしい!という主催からのメッセージです。

申込時に必須(確認でき次第仮配置)としたのは、本来イベント当日にあれば十分なのですが、イベント直前にお願いしても連絡を見落とされやすいと第一回開催時に学んだためです。また、一度配置したサークル様を後で追放するのは心苦しいので、条件を満たして初めて配置という形にしています。尚、条件未達の方の参加を許してしまうと条件を守ってくださっている方に申し訳ないので、ある程度毅然とした対応をさせていただく方針でおります。


当日扱うアイテムが確定していない状況で用意していただくのも難なので、申込時に用意していただく画像は下図の程度で問題ありません。最低限「画像を用意してアップロードできる」が確認できればOKなのですが、主な作品名も分かると仮配置審査や配置検討時に参考になるのでありがたいです。


少々脱線しますが。

サークルカットとおしながきは、ふつう他イベントではそこまで厳密に要求されないのと、システム上「アップロードされてないと申込時ボタンを押せない」のような形にはできない都合で、アップロードせずに申し込まれる方も体感で3割前後ほどいらっしゃいます。これは想定の範囲内ですし、想定通り「アップロード後に仮配置します」と都度ご連絡させていただいています。ただ、「見逃してました、すみません!」と仰られるとこちらとしても御心苦しく…;

人は間違う・人は弱い生き物である(性弱説)といった点はよく理解しているつもりですし、その上でそれでも大丈夫な仕組みを作るのが本来あるべき姿と考えています。ルールを作ったら守ってもらうためのシステム(それが無理なら十分な周知・教育)が必要で、それが無いのにルール違反した人を責めるのはいかがなものかと。なのでご遠慮なくシステム・運営のせいにしてくださいm(_ _ )m

…ということで、システム上の難があるのは承知の上でもやはり譲れなかったのがサークルカットとおしながき、というお話でした。サークル参加される方々には申し訳ございません、ご不便お掛けいたし(ており)ます;



自由と秩序〜

ことサークル参加に関して「ルール厳しすぎない?」と思われる方もいらっしゃるかと存じます。そう仰られても仕方ないとは自覚しているのですが…

  • 「ビジュアルノベルファンならどなた様でも」「初めての方でも安心してご参加ください」と申すからには、異なる常識やカルチャーがぶつかった際にトラブルにならないような準備が必要(それが安心感につながる)

  • 「交流の場として」「作品のアピールの機会として」と申すからには、多くの参加者様に(くり返し)お越しいただけるよう参加者体験を向上させる工夫・努力が運営上必要

といった観点で、現状のレギュレーションとなっています。各作品の内容は全然自由で良いと思うのですが、だからといってイベント・企画が無法地帯で良いとは思いません。

参加条件を全文理解するのは骨が折れるかと思いますし、内容は当たり前のことを明文化しているだけの部分も多いので、「よくわからないがとりあえず指摘されたら修正すればいいか」くらいのマインドでまずは気軽にお申込みいただければ幸いです。




イベント名

「ビジュアルノベルオンリー」だけでなく「crAsM.M」という固有名詞を付けているのは、類似のイベントを他にも企画される方がいらしても大丈夫なように、という理由からです。

世間でも、例えば平成までの元号はメーカーや大学が我先にと商標登録したのではないかと想像しますが…やはり皆が使いたがるような文言は誰かが独り占めしてはいけないと個人的には思いますし、或いは背負うならばそれなりの器が必要&責任を持って運用すべきではないかと。

ただ、一年半経って同様のイベントがない、本イベントもだいぶ浸透したきた(?)、現状のイベント名では長いなどを鑑み、再検討の時期だと考えてはいます。

本当はビジュアルノベル感がありつつ固有名詞っぽいいい感じの名前をつけれればよいのですがコレといって良いものが思い付かず…。他のイベント名だと秀逸なものが色々とありますね。特に二次創作系のイベント名だと本編のセリフ等の引用やキャラにちなんだ名前などを付けやすいようでしょうか。


余談ですが、本イベントでマスコットキャラなどは用意せずバナー上の人物も影絵としているのは「参加サークル様の作品こそが主体」といったような趣旨から敢えてそうしています。




それでは、今回はこの辺で

ということで、「第3回crAsM.Mビジュアルノベルオンリー」一般参加もサークル参加もお待ちしてます!

サークル参加については、締切直前に申し込んで条件未達の項目があると最悪配置できない可能性もありますのでご検討中の方は何卒お早めに…。また、早めに参加枠が埋まると宣伝ツイートを乱立する必要も無いですし(Twitterの性質上、単純に宣伝回数を増やしたところでほとんど参加者数は伸びませんが)、何より運営の心配が減るのでありがたいですね🙌


↓サークル参加申込受付は11月10日(木)まで終了しました↓ (次回の開催をお待ちください…!)


それでは、最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _ )m




「いいね」マークはログイン無しでクリックできます↓


関連記事

すべて表示

Comentarii


bottom of page